実質年率とは

実質年率とは

ここでは実質年率について解説します。
もし、あなたがお金を借りるとした場合、実質年率について考慮に入れて契約しなければなりませんよね。しかし、実質年率の意味をしっかりと理解することが重要です。理解しておかないとどのような契約がお得なのか分りません。
実質年率と言うのは、実は支払利息などのように元本と利子を含んだ額ではありません。利子、手数料、印紙代を含めた合計額のことを言います。
なので、実質年率はただ単に元本と利子を含んだ利率とあなたが思っているのであればその考えは改めなければなりません。
基本的に消費者金融からお金を借りるとなると、実質年率で表示されるように法律によって定められています。なのですぐに判断することができるのです。
もしあなたが消費者金融からお金を借りるとした場合、実質年率というは、大体15%〜20%の実質年率で借り入れを行うことができるようになっているのです。

 

以上のように、実質年率とはただ単に、元本から利子を支払うために算定される年率ではありません。手数料や印紙代、利子までを含んだ合計の金額を年率で換算したものと言います。