審査金利の落とし穴 

審査金利とは、金融機関などがローンや借り入れなどの融資を本人に対して行うか否か

 

の審査をする際に行う返済額の試算を行う時に使用する金利のことを指します。
実は、この審査金利には落とし穴があるのです。
この審査金利は、実際に返済に支払う場合に適用される実効金利よりも、高い金利で計

 

算を行い審査されるのです。
すなわち、この審査金利と実効金利との差が落とし穴になると言うのです。店頭金利な

 

どの実効金利で、これなら支払えると自分は思っていても、当の銀行の方はそれよりも

 

高い審査金利で返済できるかどうかを計算するのです。
もう、お分かりかと思いますが、自分の方では実効金利が安いので住宅ローンが借りれ

 

ると考えていても、当の銀行側はそれよりも高い審査金利で計算しますので、融資審査

 

に堕ちる可能性が出てくるのです。
このように、実効金利や店頭金利と融資審査の際に使われる審査金利との差のために、

 

融資審査に落とし穴が出来てしまうのです。自分で、返済できると考えていても金融機

 

関の方はそうは考えないかもしれませんので、支払える余裕の実効金利を念頭に借りる

 

のが良さそうです。