返済方法を見直して金利を減らすには 

借入を行うと、当然のごとく金利が付いてきます。この金利を含めて返済方法を考えていくのです。そして、最初は当然のごとく、自分の生活に支障が出ない程度に返済計画を立てるはずです。
もちろん、最初は返済するだけできついのですが、ある程度慣れてくると余裕も出てくるのではないでしょうか。そして、毎月返済計画通りに返済が進み安堵すると思います。しかし、少し待ってください。本当に、それでいいのでしょうか?返済が計画通りに行くことは確かに良いことです。しかし、もし返済額を今まで以上に多くすることができるのであれば、多くすべきです。これは、先にも述べたように借入金には金利が付いているためです。そして金利は、時間がたてばたつと程多くなります。
そのため、もし返済計画を変更し、今まで以上に返済金を多くすることができるのであれば、その分だけ後々払う金利も少なくなるのです。
これを、可能にするには、もちろん今の返済計画でも余裕が出てこないといけないでしょう。そして、さらに節約に励まないといけないはずです。貯金もあれば、それも返済に充ててしまいましょう。トータルで見ればプラスになるはずです。