はじめてのキャッシングで気をつけること

はじめてのキャッシングで気をつけること

 

 

はじめてのキャッシングで気をつける事は、

 

「計画的に返済出来るかどうか」という事です。借りたお金は必ず返さなければならな

 

いとわかっていても、キャッシング会社のCD機にカードを入れると、限度額までいく

 

らでもお金が下ろせるので、自分のお金のように感じてしまってついつい借りすぎてし

 

まう方もがけっこういらっしゃるのです。キャッシング会社にお金を借りるということ

 

は、別の見方をすると、将来の自分にお金を借りるという事です。返済額の分だけ自分

 

が将来使えるお金が確実に減ってしまうのです。ほぼ全てのキャッシング会社で利用目

 

的が問われないフリーキャッシングが出来ますが、借入目的が生活費の場合、キャッシ

 

ング前にご自身の生活費を考え直してからにしたほうがいいでしょう。今が苦しいから

 

といって収入が上がる予定もなくお金を借りると、これから先は利息の分、余計に生活

 

が苦しくなってしまいます。無駄な出費をしていないかもう一度生活費を見直し、返済

 

に回せる分を見つけてからキャッシングするようにしましょう。「交遊費」の場合も要

 

注意です。はじめてだからこそ、計画的に返済出来るかどうかよく考えてからキャッシ

 

ングするようにしてください。

最近は、クレジットカード等を使って簡単にキャッシング等ができるようになっていま

 

す。このカードのキャッシング枠というものはいくつか注意点がありますからご紹介し

 

ておきます。まず、キャッシング初めての利用に気をつけることとしては、「借りたお

 

金であるということを意識すること」これは重要な点です。コンビニ等で気軽にキャッ

 

シングが利用できるため、必要がない出費にキャッシングを利用することは危険です。

 

続いてのキャッシング初めての利用に気をつけることについては、「利息がついている

 

」という点になります。たとえば金利15%で20万円を借りた場合年間の利息は、3

 

万円になりますが、これを2年で返済しようと思うと6万円、3年であれば9万円の利

 

息がかかります。厳密にいえば、返済を毎月続けますから元本が減るため純粋に倍々で

 

はないですが、利息は1年間での返済ということを知る必要があります。最後にキャッ

 

シング初めての利用に気をつけることとして、キャッシングは最後の手段にすること。

 

自分の環境で売れるものがある場合は売って対処し、親や兄弟に援助を求めることがで

 

きるのであればお願いする。どうしてもキャッシングは利息が発生しますから、最後の

 

手段にするということが大前提です。