銀行でお金を借りる場合

学生がお金を借りる場合

銀行には様々な種類のローンがありますよね。
マイカーローン・住宅ローン・教育ローン・多目的ローンなどなど。
こういった大きな買い物をする時は、金融機関で借りるよりも銀行で借りた方が
とてもお得なんです。

 

なぜかというと、利子が安いからです。
金融機関でお金を借りた場合は18%、銀行で借りた場合は5%〜15%とかなりの差があります。
上記の数字は平均的な数字なので、一概にこの利率とは言えません。
借りる場合は、借りる金融機関・銀行のことをしっかり調べてくださいね。

 

銀行の利率はなぜこんなにも差があるのかと疑問に思った人もいるかもしれませんね。
これは借りる金額によるんです。
お金が高額になればなるほど利率が下がっていくという仕組みです。
どちらにしても金融機関よりは利率が低いので、やはり借りるなら銀行のほうがおススメです。

 

上記にも書いてありますが、教育ローンや多目的ローンというものを
聞いたことがありますか?
字を見ればなんとなく想像はつくと思いますが、詳しい用途まではわかりませんよね。
教育ローンは入学金や授業料など。その名の通りですね。
多目的ローンとは結婚資金・旅行費・保険がきかない医療費などです。
確かにどれもお金がかかるものばかりなので、こんなローンがあるとありがたいですよね。

銀行でお金を借りる場合関連ページ

銀行 即日キャッシング
銀行 即日キャッシングについて解説します。
銀行カードローンと消費者金融の違い
銀行カードローンと消費者金融の違いについて解説します。